終了しました:【5月19日】タイ・バーホー・音のヨガ「The Musical Universe」

タイ・バーホー

音のヨガ

「The Musical Universe」

 

日程:5月19日(金)

時間:18:30〜21:30

前半:ナダヨガ 18:30〜20:00位まで

後半:ライブ 20:00位〜21:30まで

参加費:各3000円、両方参加5000円

 

 

タイバーホー5 

 

ヨガ・フェスティバルでも講師を務める

タイ・バーホーによるNada Yoga Workshop開催!

 

ライブでは、世界的に名を馳せるサロード奏者の

スティーブ・オダ、バンスリー奏者、寺原太郎という、

大変贅沢なゲストをお招きしての

豪華ライブとなります。

「The Musical Universe」

瞑想的なサウンドとともに自身の内なる声を聴き、

開放する「音のヨガ」を体験してみませんか?

 

タイバーホー2

 

ty_steve071110_02

 

世界の多様性に触れるインド音楽体験

インド音楽は、高度に洗練されたラーガ(旋律)と

ターラ(リズム)の規則に則り、

即興で紡ぎ出される究極の芸術です。

演奏者は季節や気候、一日の時間帯、感情を映し出しつつ、

共演者の出す音に即座に呼応しあい、

壮大な音楽の宮殿を形作っていきます。

ドレミファではとらえられない音の運びや複雑なリズム遊びなど、

体験したことのない音楽体験を、

わかりやすい解説とともに提供します。

来場者の皆様には、インド音楽の魅力に触れるとともに、

世界の音楽、世界の文化の多様性の一端に

触れていただきたいと思います。

 

——————————————————————–

——————————————————————–

 

 

演奏者プロフィール

スティーブ・オダ Steve Oda

 

stevesan

 

サロード奏者。カナダ生まれの日系3世。

7才からジャズギターを学ぶ。

71年Ud.アーシシ・カーンに師事。

73 年からアーシシの父であり伝説的 な音楽家

Ud.アリアクバル・カーンに師事。

98 年より2年間アリ・アクバル音楽大学の

エグゼクティブ・プロデューサーとして勤務。

アリ・アクバル・カーンを彷彿とさせる

繊細で叙情的なサロードは世界中の音楽ファンを魅了している。

米サンラファエル在住。2007年に初来日。

以降ほぼ毎年来日し、サンギートメーラや

Indian Classics Tokyoなどのコンサートに出演。

2014年に寺原太郎とともに、念願だった祖父の生まれ故郷の

瀬戸内海の島をはじめて訪ね、祖先の祀られている

島の菩提寺で奉納演奏を行った。

http://steveoda.com/

 

 

タイ・バーホー Ty Burhoe

タイバーホー


タブラ奏者。伝説のタブラの巨匠、

ザキール・フセインの愛弟子であり、

96年からザキールのアシスタントとして、

またワールドツアーマネージャーとして活躍。

インドの伝統音楽の伴奏者として世界中で演奏する一方、

様々な文化の音楽と独特なコラボレーションをすることで、

タブラという楽器の可能性を広げ、世界中から賞賛を集めている。

アカデミー賞を受賞したドキュメンタリー映画

「ボーン・イントゥ・ボロセルズ」ではサウンドトラックを担当、

ライブコンサートのプロデュースや

レコーディングプロデューサーとしての

広範囲にわたる経験からも名を知られる。

ヨガと瞑想の修練を長年重ね、

ネイティブアメリカンシャーマン(ヒーラー) に

11年師事した経験を持つ。

近年は尺八の小湊昭尚、津軽三味線の小山豊とのユニット

「YO(謡)」のメンバーとして活躍。

注目を集めている。Tala Records 主催。

http://www.tyburhoe.com/

 

 

寺原太郎 Taro Terahara

 

寺原太郎


佐倉市在住のバーンスリー奏者。

92年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である

中川博志氏に、96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子

H.アミット・ロイ氏に師事。

06年より継続的にオーストラリアWoodford folk festivalに出演。

07年坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」、

11年「Indian Classics Tokyo」出演。

アニメ映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ永遠に」(2011)、

映画「るろうに剣心」(2012、2014)、

スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」(2015)等で挿入曲を演奏。

チベット音楽のテンジン・チョーギャル、

タブラ奏者U-zhaan、ウード奏者常味裕司らと競演多数。

インド、オーストラリア、南米、北米をはじめ

国内外で演奏活動を行う。

インド古典音楽の深い理解に基づく、

叙情的かつダイナミックな演奏で、各方面より高い評価を受ける。

http://srgmtaro.jimdo.com/

 

タイバーホー3


【インド音楽について】

北インド古典音楽の起源は古く、声明のルーツである

ヴェーダの詠唱がはじまりと言われていますが、

現在のような壮大な音楽大系が形作られたのは

今から約400年程前。

ペルシャ文化との融合により、

マハラジャやムガル皇帝たちの宮殿で華ひらいた宮廷音楽です。

ヒンドゥーの神々へ捧げられる宗教的で数学的な

南インドの音楽とは対照的に、王たちを癒し、

眠りを包みこんできた北インドの音楽は、

より叙情的で官能的な演奏を特徴とします。

優れた楽師を抱えることはマハラジャ達の権威を示す

贅沢な趣味でもありました。

インド音楽は季節や気候、演奏される時間帯によって

使うべき音の動きが決まっていたり、

一定のリズムサイクルの中で複雑な分割を遊んだりと、

通な聴きどころが多く、通常演奏時間は

1曲が30分から1時間に及ぶこともあります。

ゆったりと瞑想的に始まり、途中からタブラのリズムが加わり

徐々に加速して、最後は熱狂的なクライマックスを迎えます。

後半の旋律奏者とリズム奏者の即興的な掛け合いは

とてもスリリングです。

 

【 演奏楽器】

サロード

サロード

シタールと並ぶ人気を誇るインドの弦楽器。

多くの共鳴弦を持ち、華やぎと深みのある音色を特徴とする。

故アリ・アクバル・カーンが世界に知らしめた。 

 

バーンスリー 

バンスリー

神話時代より親しまれてきたインドの竹の横笛。

古典演奏で使われるものは長さが70cmから80cmあり、

精妙で深い音色と表現を特徴とする。

 

タブラ 

タブラ


左右で一対の太鼓。

指先や掌を駆使し、多彩な音色と複雑なリズムを叩きわける。

アラ・ラカ、ザキール・フセイン親子の登場により

世界的に有名に。中央の黒い部分が音色の秘密。

 

タンブーラー 

D


ミヤーンミヤーンと倍音の多い通奏低音を奏でる

伴奏専門の弦楽器。

音楽の背景を彩る。目立った活躍はしないが、

この楽器の音が鳴るだけでインドの空気がかもしだされる。

 

 —————————————————

 —————————————————-

 

タイ・バーホー

音のヨガ

「The Musical Universe」

 

日程:5月19日(金)

時間:18:30〜21:30

前半:ナダヨガ 18:30〜20:00位まで

後半:ライブ 20:00位〜21:30まで

参加費:各3000円、両方参加5000円


2017年5月13日 (土)

ヨガソルナ

千葉駅すぐのヨガスタジオ ヨガソルナ

千葉市中央区新町22-6 新町ハイライトビル4階

(千葉駅東口を出て、徒歩5分です。)

TEL:0120-963-872

 


JADEYOGA

ヨガワークス